FC2ブログ

お茶プロジェクト

2013.03.23.21:42

今日の午前は、清水特別支援学校「お茶プロジェクト」のお手伝いに行ってきました。
来年度にPTAの役員をやるため、参加してきました。
昨年も次男と(当事者の長男は全く行けず(笑) 秋のお茶摘みにはいきました。
13640413039300.jpg

今回は肥料まき。
このお茶の葉をみんなで秋に摘んで、お茶に加工してもらったりして
高等部や中学部の生徒さんの学習に繋がるんです♪

お茶農家の方と中村園さんのご協力があってこその企画です。
ありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。

話は変わり。。。
昨晩の静岡新聞にて、人事異動の記事が載っていたそうです。
まだ私は見ていないのですが。。。
先日の終業式の日に、旦那が冬馬を朝送った時に
校長先生がわざわざ挨拶をしてくれたそうです。
旦那にいろんな話をしてくださり、
「来年度から2年間、PTAのお仕事を奥様が引き受けていただくとの事で、
 ありがとうございます。本当は僕も一緒にいろんな事をmuddyさんとやりたかったんです。
 でも、人事には何も言えなく悔やまれます」と、おっしゃってくださったとのこと。
ありがたいお言葉をいただき、旦那から聞いて涙がぽろぽろ。

本当に、この新設校、清水特別支援学校の為にご尽力をいただいた校長先生です。
心より感謝の気持ちを申し上げます。

他にも、冬馬がお世話になった先生方の移動があるそうで。
離任式に、私、泣き崩れないかと今から心配です。
今までのお礼をちゃんと言えるように、離任式に臨みます。
スポンサーサイト



参観・懇談会

2012.07.20.22:21

今日は冬馬の学校の懇談・参観会でした。
冬馬は6月より学校の先生のご配慮もあり、みんなと違う学校生活を送っています。
相変わらず給食は食べずに、11時頃に帰宅する毎日。

私たち夫婦からもお願いをして、先生方と話し合った結果なのですが。

やっぱり、同じ学年のみんながちゃんと授業に参加している姿を目の当たりにし、
今夜は落ち込んでいます。

はあ・・・・私がやっていることはいいのだろうか?
先生方にはかなりのご負担をかけているのは確かです。

なんでこんなになってしまったんだろう。
私の育て方が悪かったのか。

そんな言葉がぐるぐる頭の中を巡ります。

そうじゃない!これは冬馬の成長過程だ。
今、小学部の時点で冬馬が表せてることが大事。
今、冬馬を支えないとこの先はどうなるか。。。

そんな事をいろいろと考えます。

悩むときは、とことん悩んでやるぞ~!!!
じゃなきゃ、先に進めないもんね。

theme : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
genre : 育児

ご理解をいただく。。。

2010.11.26.22:18

先日の学校行事でもある、音楽会の話の続きです。

私は、十数名の保護者の方々とご一緒させていただきました。
私の隣に座ったおばあさま、うちの冬馬の暴れぶりを見て「あら あら・・・先生は大変ね」と。
「すみません、落ち着かないみたいで(^^;」と、話しかけると。
「あら、おたくのお子さんなの?」と聞かれたので「はい」と。
「行かなくていいの?」と聞かれたので
「はい、先生にお任せした方がいいので」とお伝えしました。

お母さんたちには「無理に会場に入らなくてもいいじゃんね」と言ってもらいました。
でも、学校の行事。親としてはハラハラドキドキですが、
私が出る幕ではありません。
たぶん、「ここは参加する場」って事を、冬馬に伝えてある前提があるとわかっていました。
心を鬼にして?!私は、音楽を楽しみました。(^^;
いろんな意見もあるでしょうが。
なんて親!って感じですよね(苦笑)
その後の話になり余談ですが・・・
この日の学校からの連絡帳では、やはり「参加する」ことに徹していたそうです。
「よくがんばったね。」と、終わった後に冬馬をほめてくださいました。(^^)
冬馬も「がんばった!」と、帰宅後連絡帳を私と二人で見ながら言っていました。

話はもとい!
そんな親同士のやりとりも横で聞いていらしたであろう、おばあさま。
音楽を楽しんでいらしたので申し訳ない気分だったのですが、
会の最後の方でほかのお子さんが大きい声を出していたら(もちろん、理由があってのことですよ)
「あらま!あんなに騒いで」とおっしゃるので、
あれれ?って思いました。

なんとなーく感じたものがあったので、会が終わりおばあさまがお帰りになるときに話しかけてみました。
もう一度
「今日は、うちの息子が大きい声を出してしまい、ご迷惑をおかけしました。どなたかのおばあちゃんですか?」
とお聞きすると、
「いえいえ、違うのよ。毎週ここで行われる行事に来たんだけど、今日はお休みだったみたいで。
そしたら、外にいる方が『今から音楽会がありますから、よかったらどうぞ』って言って頂いてね」
って事でした。

その後、いろいろとお話しをしました。
知的障がいのある子供たちの学校と、区内の学級の子どもたちだということ。
うちの冬馬は脳の機能の障がいがあるということ。
でも、みんなとっても素敵な感覚を持っている、その半面、感覚過敏があるから苦手な事が多いこと。
障がいがあっても、お仕事されている方もいますので、学校中はいろんなことが練習なんです、との事も。

そしたら、本当によく聞いてくださって、いろんな質問をしてくださいました。
学校はどこにあるの?
みんなどうやって学校に通っているの?
ああ、そういえばこの中に毎朝見かける子が2人いるわ!
いろいろと大変なのね。
先生は本当に大変ね。よくみてくださるわね。
でも、お母さんたちも大変ね。がんばってね!
などなど。

ねぎらいのお言葉もいただきました。
毎朝見かける子たちには、声かけてやってください。ご近所の方が声をかけてくださると嬉しいんですよ♪
と、お願いもしちゃいました。(^皿^)

お話をしている間、おばあさまの表情がフッと変わる瞬間がわかりました。

ちょっとだけ、頭の片隅に
「こういう学校、こういう子供たちがいるんだな」って感じてくださるだけでありがたいです。

私にとってはいい出会いでした。
若造の私が生意気ですがお話をさせていただき、聞いてくださったおばあさまに感謝の気持ちです。

少しずつだけど、お話しすればご理解は頂ける。
子供たちの支援者が増える可能性もある。
そんなことを感じた日でした。

theme : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
genre : 育児

音楽観賞会

2010.11.24.22:54

今日は、冬馬の学校と清水区の特別支援学級4校参加の合同演奏会でした。
冬馬の同じ学校のお子さんのピアノの先生、私のクラリネットの先生、冬馬のたいこの先生の3名の演奏でした。
冬馬は会場の扉を閉められるのがどうしても嫌で(原因がわからないけど、感覚が強くなってきているので)
出たり・入ったり。先生といろいろと交渉して、一応会場には入ることが出来て○。。

いらいらして靴を投げてしまって、それは後ほどお迎えの時に音楽会場にいれたことを○だったと伝えてから、「靴を投げるのはよくなかったね」と伝えると「ごめんなさーい」と。
ビックリ! 
「そうだね、ごめんなさいのことだね^^)」「でもね、会場にいれたのはよくがんばったから○なんだよ」と
伝えました。

この話は続きがありますが、日にちを変えてまた書きます。
ちょっと、
あることがあって、あまり画面に向かいたくない気分でして(^^;
すぐに復帰するから、続きはまた後ほど~!!

theme : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
genre : 育児

プロフィール

muddy

Author:muddy
主人:ピエール42歳
長男:冬馬(とうま)11歳
次男:夏猿(なつき)8歳
管理人:muddy(マディー)
42歳。主婦

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク