FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランチ

2007.06.30.01:09

29日の記事です。
冬馬の通うスイミングで知り合ったお母さん(仮名Aさん)とランチ&お茶をした。
冬馬の通うスイミングは、身体・知的などなんらかのしょうがいを持った子供さんと親が通うコース。
ちなみにコーチは、私のHPにも時々コメントをしてくれる「あっぷっぷ」さんです。

この場でもいろんなしょうがいを持つ子供さんたちに出会える。やっぱり、同じしょうがい同士の母親ばかりで仲良くなることが多いから、他のしょうがいを持つ、特に身体や病気や先天的なしょうがいなどのお子さんとその親御さんと会ったりお話しをすることで、世界が広がる。

今日もAさんとゆっくりお話しが出来る場が持てて、嬉しかった♪
いろんな話しを聞かせてもらった。Aさんとお子さんの事、たぶん少しだろうけど知ることが出来た。
いろんな人がいて、いろんな経験を元に、いろんな感じ方をしている。
そんな経験話を明るく話しをしてくれる事に感謝と敬意を感じる。

いろんな人と話しをしたい。自分が経験出来ない、その「ひととなり」を感じること、凄く大切だなって感じた。

同じ立場「母親」って目線で話しが出来ること。共通点がいっぱいあった。
しょうがいを持つ子供の母親がなかなか気が付かない視点をAさんも感じていたみたい。
「しょうがいの程度(重度・中度・軽度などの言い方や評価)に関係なく、みんながみんな、いろんな経験をしているんだよね。軽度だからって楽なわけじゃない」ってこと。
私はずっとそれを感じていた。それを知っていて感じていらしたことに喜びを感じた。

そんな重たい話は別として。
今日のランチ、美味しかったね~!ちょっと高いランチタイムになっちゃったけどさ(^^; また一緒にランチしたいよ~。あ、次は飲み会?!しようね(^^V

スポンサーサイト

theme : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
genre : 育児

ひねくれているかもしれないなぁ~(><)

2007.06.29.23:15

独り言になっちゃうのだけど。。。
子供達の保育園へお迎えに行き、そのまま冬馬の保育園でお時間を取っていただき、先生方とお話しをしてもらった。今日は園長先生と担任の先生と3人で。最初は食事についていろいろと直していきたい事があったので、ヒントを頂き~いろんな話に発展した。
園長先生は今年度から新任で来てくださり、冬馬の事もいつも気にかけてくれるベテラン先生。お話しもいろいろと参考になることがあった。

何度かベテラン保育士先生とお話しをしてきていて、その先生方皆さんが子育てを経験し、子供さんたちは成人されている方ばかり。
皆さんいつも同じ事を私に教えてくださる。

「がんばりすぎないように、楽しく子育てをしていこうよ!」
口を揃えてそうおっしゃる。
確かにそうなんだろうな。経験者だから出てくる言葉なんだよなって、ありがたく受け止める。

話しを聞いているときはホント、その言葉をありがたく感じる。

でも実際のところ今の私には「ガンバリスギナイで・・・」それがなかなか出来ない。
がんばってしまうタチなのかもしれない。性格上。
気持ち的にも体力的にもがんばらないと生活が出来ない。
「楽しい子育て」ってなかなか難題だとずっと感じながら生活をしている。
確かに子供がいてくれて楽しいことはいっぱいある。子供がいなかったら経験できなかったであろうことを経験しているし、彼らと過ごす時間は貴重な時間で、子供や周りから教えられることもたくさんある。
そういろんな事を感じながらも、やはり子育ては毎日がんばらないと私はやっていけない。人生の中でのひとつの修行のようにも感じている。

自分の力が足りないからだろう。ヘルパーさんや周りの方達に手伝ってもらたりして、楽をさせてもらっている方だと思うのだけど。
やはり子供にとって『母親』って人は自分だけだしな。。。

私はいつも「がんばりすぎないで」と言われるたびに感じていることがある。
私なら相手に対して(がんばっている人に対しては)「がんんばっているね」ただひとことそれだけを伝えたい。(又は、それに近い言葉)

それは最近になって気が付いた。私も以前は「もっと力抜くといいかも」とか「頑張りすぎないでやっていこうね」とか他にもいろんな自分の経験からの話しを(相談を受けたときにには)仕事先の後輩や姪っ子たちにも言っていた。
それって、相手にしてみたら解りにくい話しだっただろうな~って、今になって感じる。

み~んなその場・その時は必死に過ごしているんだよね。他人が経験からもの言っても、それはあまり相手には響かないような気がする。
だったら、がんばっている事をただただ評価したいなって思うんだよね。




theme : 独り言
genre : 日記

冬馬の表現に。。。

2007.06.24.01:34

今日は本当に充実した日でした。
午前中は、冬馬の歯医者さん(市内のしょうがい児・者のための歯科医さん)へ行き、課題がすんなり出来ました。
虫歯は無いんだけど、ここには2年近く通っていて。歯医者さんに慣れるための訓練と、口腔内のチェックをしてもらっています。
その後、次男・夏猿の保育園のお友達と海で合流。
清水区三保の海岸で数時間遊んだ後、我家へみんなで帰宅。
冬馬は、帰ってすぐに「小麦粉ねんど」を出し、黙々と作業に取り掛かる。私を隣に呼び寄せ「すわって!」とマカトンしながら言うので、しばらくの間冬馬の様子を見ながら隣に居ました。色ねんどを調合し、こねるのは私の役目。それを何回も繰り返し。落ち着いてきたな~ってことを確認して、洗濯物を隣の部屋でたたんでいると。。。
冬馬の呼ぶ声。「あ~!いただきまっす!!かあ~!ぎゃ~!」と。
で、見たらこんなの作ってました。
070624_0100~0001.jpg

写真だとわかりづらいけど、「ハンバーガー」なんだって。
チーズ・トマト・レタス・ケチャップ付きの肉 が入っています。

一緒にいた夏猿のお友達のお母さんも絶賛してくれるくらいの出来でした

その後バーベキューをし、みんなで楽しく食事をしていたら、姉より℡。
夏猿のお友達家族さんと入れ替わり状態で、私の姉と長女が来てくれました。
そのときには、冬馬はお絵かき&工作に夢中♪
二人を巻き込み、一緒に遊んでいました。
姉は、もと幼稚園の先生だけあって、工作や絵が得意。アイデアも凄くて私はいつも感心してしまいます。「やっぱり天職なんだよ!」と何度も姉に言ってしまうくらい。姪も絵は凄く上手で、冬馬が好きそうなものをいっぱい書いてくれます。で、冬馬も欲しいものをどんどん言葉やジェスチャーで表現していました。
姪が席を外して暫くのこと、冬馬が私に折り紙を差し出し「しかく、さんかく、ちょうだい」と言うのでそれを折って渡すと「ありがとう」と言いました。それを目の当たりにした姉が「冬馬、凄い!すごいね~!!」と涙を流していました。
ここまで言葉が出て、自分の要求を表せるようになったこと。冬馬・夏猿の出産の時にもなるべく時間を作ってそばに居てくれた姉です。年齢が離れていることもあるだろうし、今は他界した母が若い頃~脳溢血で半身不随だったからかな?私の母親代わりをずっとやってくれている人なんです。そして、冬馬をずっと見つめてきてくれた姉だから、(本人ン曰く、『孫の域?(笑)』だそうで、感極まっての涙だったようです。
冬馬の成長を喜んで涙してくれる人がいることの幸せを感じました。
お姉ちゃん、ありがとう!それから、お互いにいろんな事、がんばろうね。

たんじょび~おめでとう~♪

2007.06.15.23:06

次男・夏猿くんが3歳のお誕生日を迎えました~!
お誕生日が楽しみだった夏猿。「おにいちゃんだからー!」と、楽しそうなことにはチャレンジする姿もこの頃見えるようになっていました。(^^V

去年まではケーキは買ってきていたんだけど、今年からは作る事にしました。一応、元ケーキを作る人のお仕事してたしね。(^^;
夏猿に事前調査をしたら「チョコレートがいいなぁ~(うっとりした顔で)あとね、果物い~っぱいがいいよ!」とのこと。で、出来上がったものがこちら。
070615_2219~0002.jpg

おっと!3才児向けのデザインじゃないね。シブっ!
でも、喜んでくれました。長男・冬馬も。

ろうそくを3本立てて。。。「きれいね~」と、うっとり、ろうそくの炎を見つめる夏猿。
070615_2220~0001.jpg


「はい!写真撮るよ~!」の声懸けにポーズを取る夏猿。冬馬は、ずっと眺めながら「ココの果物の部分が食べたい!」と思っている様子。(^^;
070615_2219~0003.jpg


みんな(冬馬・冬馬と夏猿のいとこのお姉ちゃん・私)で、「Happy Birthday」の曲を歌ってあげると照れくさそうな夏猿。(笑)
なんと!冬馬は一緒に歌っていたんですよ!!!それにもビックリ!
で、ビデオを回し、「もう一度お願いします!」ともう一度唄ったら、冬馬は黙ってました。(笑)
ぴんぽーん!1度キリ唄うのが当たり前だもんね。冬馬が正解です。
で、早く食べたい冬馬は自分でろうそくを消してしまいました。(爆)

いとこのお姉ちゃんが一緒にお祝いをしに来てくれて嬉しかったね♪夏猿、3歳おめでとう!

theme : お誕生日♪
genre : 育児

冬馬の描く絵

2007.06.01.00:22

冬馬の最近の日常に欠かせないもの、それは、
「絵を描くこと」
彼の表現方法のひとつであり、他人との交流が出来るものなんですよね。

冬馬は若い頃(3歳頃)から(笑)親や他人のまねっこしたりしながら、自分の表現の仕方を覚えてきたのかな?って感じるこの頃です。
そのときには気が付かなかったんだけど。

冬馬は、家でも保育園でも、絵をいっぱい描きます。
それがね、すんごい面白い絵を描くんです。
保育園のかばんの中には、毎日、その日に描いたものを先生がおみやげのように(笑)入れてくれて。
それを見るのが私の楽しみなんです。

そんな毎日の作品の数々を、冬馬と見ながら、一緒に選んで額装してみました。(もう、数週間前の話しなんだけどね)
それが、こちら。
070531_2227~0002.jpg

070531_2225~0002.jpg

070531_2217~0001.jpg

一枚目は「Boo Boo」です。冬馬曰く、ブタさんなんだって。
二枚目は「くるま」だそうです。乗っているのは冬馬なのか?とうと(お父さん)なのかな?
三枚目は「ひっつきもっつき」です。NHKの子供番組の身体遊びから発想した冬馬の思う「ひっつきもっつき」のようです。

「ひっつきもっつき」は、変身するみたいです。

私は冬馬の描く絵が面白くって、全て好きなんだけど
、特にこの絵が凄く好きなので、先日、療育の先生に見せたんです。
先生も療育の場で「ひっつきもっつき描いて」って言ってみたら、また違ったものを描いたそうです。その時は、真ん中に小さな顔があって、太陽のようなものを書いていました。

冬馬の頭の中、心の中はどういう気持ちなのかな?って、興味あるけどあんまり追求すると冬馬が苦しくなっちゃうだろうから言わないし、そうしないんだけど。

冬馬が自分を表現出来るようになって、本当に嬉しいです。もっと表現が出来るように、この表現方法を伸ばしてあげたいです。

theme : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
genre : 育児

プロフィール

muddy

Author:muddy
主人:ピエール42歳
長男:冬馬(とうま)11歳
次男:夏猿(なつき)8歳
管理人:muddy(マディー)
42歳。主婦

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。