FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広報委員

2007.09.30.23:32

夏猿の保育園は、保護者が必ず1つの委員のお仕事をするというきまりがあります。
私は「広報・リクレーション」委員です。
広報のお仕事で、今月はその担当の月なので、「お○○び」という広報をさっきまで作っていました。終わってほっと一安心

今年度のテーマは、
「簡単おやつ又は気軽に行けるお店の紹介」と
「おすすめ絵本」 です。

お勧め絵本は、これしかない!と思ったものを載せました。
tamagogakorobeba.jpg

「たまごがころべば」
中川ひろたか/脚本
和歌山静子/画
童心社
「中川ひろたかシリーズ」

私が持っているのは紙芝居です。でもね、さっきネットで画像を探していたら本もあったのよね~。知らなかった。
エンドレスの歌を唄いながら話が進んでいきます。
子供たちも大好きです。
この紙芝居との出会いは、私の姉の子供からのお下がりなんです。
冬馬が2歳の頃にもらって、毎晩何十回も唄わされました。
疲れ果てて「おしまい!」って言ってしまおうとすると、とたんにパニック! 大変だったから1年半くらい封印していたんだけど、また出して夏猿も一緒にいるところで読んであげたら、夏猿もはまって。
このごろは読んであげてないから、また出してみようかな~って思い出していたころだったから、これを記事に書きました。

もしよかったら皆さんも探してみてね。とっても面白い紙芝居ですよ。絵本も出てるそうだし。
ちなみに、「中川ひろたか」さんの作品は、リズムがあって子供たちと一緒に楽しめるものが多いです。
スポンサーサイト

theme : 日々のつぶやき
genre : 育児

本日のメインは。。。

2007.09.28.22:43

先日の診察で「トビヒ」とのことで、そのまま保育園を休んでいる冬馬です。
旦那ピエールもウィルス性胃腸炎で辛そうなので、今日はトビヒ以外は元気いっぱいの冬馬を連れ出しました。
朝、夏猿を送った後「動物園・水族館・お船遊具の公園」の3つを提示し選ばせたら予想通り
『ど~う~えん』を選びました。
「ひよわ!」(←機嫌のいいときの言葉)を連発(^^)
お弁当箱も選ばせ、お弁当を作っている間に荷支度をさせ(と言っても、本人はかばんを持ってうろうろ。笑)
いざ出発!

さて、今日もこのごろのお気に入りの「猿さん」のところへ直行か?と思いきや。。。
いつもと反対の方向へ。「ワシ・タカ」のブースへ。
ワシ・タカをじ~~~~っくり見ていました。

約4時間、動物園を3周。
あたしも数年間冬馬に付き合って追いかけてーーをやっているから何とか一緒に?歩けるようになったよ。冬馬の方が足が速いから、何度か冬馬がひとりきりっぽくなり、他の親御さんが「一人なのかなあの子?大丈夫かな?」と言っている姿もあったのですが。
未だに冬馬を「見失う」ことは多いですが。

まだいろんな動物を見たくての冬馬を何とか車にまで誘導し、一時帰宅。
夏猿の保育園お迎えまでに30分だけでも足を休めないと。。。
その間、冬馬はこんな絵を描いていました。
070929_0016~0002.jpg

「♪っかっかっかっか かああっかこ かあ~っかうし~♪」と唄いながら。。。
おいおい、今日の夕飯は「かっぱ寿司」に行きたいのか?
この絵を「飾って!」と。廊下の額に飾りました。で、眺めて満足顔。(笑) 
良かった~、食べたいと主張が続いたら困ってたよ。金・土・日はかっぱ寿司ってやたらと混むんだもん(--)

夏猿のお迎えをし、帰宅。
「書く~!」とマカトンしながら冬馬が言うので、「どうぞ」と。
お風呂の時間までは少しだけ動物の絵(おサル・ライオンさん・キリンたん、など)をおおまかに書き、お風呂と夕食を済ませ、また
「書く~!」と。「どうぞ」と。
で、描いた絵がこちら↓
070929_0016~0004.jpg


今日は「鳥類」が印象に残ったみたいだね
書きながら「つる!」「にわとり!」と言っていました。
うぅ~ん、ツルもニワトリも居なかったような・・・(^^;

余談ですが、お弁当を食べていたら昔の職場で仲良かった子に会いました。二人で「きゃあ~!!会えて嬉しい♪」と叫んじゃいました(^^;
ひさ~びさにゆっくり話が出来て、嬉しかったな

theme : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
genre : 育児

病院は大丈夫だよね?!

2007.09.26.22:24

冬馬、このごろの睡眠障害の影響なのか?
例のごとく、日頃のストレスによる発疹のためか??
発疹がひどくなりトビヒになり、それが痛々しくなり。。。
保育園で「医者に行ってください」と言われたので、今日皮膚科受診をしてきました。
近くの総合病院へ。ここは以前も行った事のある場所。

総合病院の場合は、主治医が変わることが多いからどうかな?って思ったし、案の定お医者さんが変わっていたけど、診察で予想される手順を紙に書いて事前に渡したためか?すんなり受診が出来ました。

そのためだけじゃないな。
2年半前から通っている「歯と口の健康支援センター」のおかげだと感じています。
ここでゆっくりじっくり、冬馬に合わせた対応をしていただき、医療機関に慣れる経験を積ませていただいたおかげで、どこの病院へ行っても、「見通し」が出来て「治療に望める姿勢」が出来たのだと実感しています。 本当に「歯と口の健康支援センター」さんには感謝です。
この2年半は予防歯科として通っていましたが、虫歯も発見してもらい、歯科医師さんとスタッフさんがいろいろと考えてくださり、自宅でもこのようなカード→070927_0005~0002.jpg

を預かり、自宅で何度も見せてシュミレーションを親子でし、治療に望むよう勧めていただいています。何度も治療に向けたトレーニングをしに通っています。そういう時間を取ってもらえるってありがたいですよね。

上の写真は一例で、これも含めたくさんの経験のおかげで冬馬は、他の医療機関でも「終わり」があることを解るようになったし、「少しがんばれば・・・」という気持ち、あとは自分の診察が来るまでイスで待てるようになりました。(あ、かなり今でも動き回ってどっか行っちゃうけどね。笑)

今回の皮膚科もしかり。
受付の時点で「この子は自閉症で言葉を理解するのに困難です。私も受診の準備を何個か用意はしていますが、出来ればゆっくりわかりやすく本人に伝えていただけたらありがたいです」とお願いをしたところ、
受付の方に「初診ですので待ち時間が長くなるかも知れませんがよろしいですか?」といわれたので
「はい、大丈夫です(^^)」と伝えました。
そしたらなんと!5分くらいで「冬馬さ~ん、次の診察になります」と、看護士さんが呼んでくれました。(結構厳しい看護士さんなんです。苦笑)
で、診察も私の提示する紙を見てすんなり受けられたし、すぐに済んだので、「早く診察をしていただきありがとうございました。助かりました」とお礼を素直に言えました。嬉しかった~(T○T)
この看護士さん、その言葉に対して初めて私に「ニコ(^_^)」って笑ってくれたんです。この皮膚科は夏猿も通っているから、何度か看護士さんと顔を合わせていて、初めての笑顔でした。(^^V

実は、この総合病院で約1年前、とても悔しい思いをしたのです。
冬馬の診察で行ったときのこと。冬馬が診察の待ち時間数時間の中で何度も冷やし中華を食べたいと、食堂&売店へ足を運んだため、診察&会計を済ませた後に病院内の食堂に行きました。
お昼時だったため、看護士・医師もたくさんいました。
想像してください。冬馬の苦手な白衣の人が無数に並んでご飯食べているんです。きっと冬馬は耐えられなかったことでしょう。
きっと、多人数の中で落ち着かなかったのでしょう。
冬馬は冷やし中華とスパゲッティを選んでニコニコだったのに、そこそこにして何度も徘徊しました。
それを見ていたある看護士が「可哀想にね~、お母さんが食べたいからって僕が付きあわせられて…」と一言。
私は常に冬馬が他人に迷惑にならないように一緒に動きまわり冬馬が食べ終わりたいときまでの確認ができるまで何度も席につくように促していました。それが自分勝手な母に映ったのでしょう。
そのときは悔しい気持ちのまま、帰宅。その気持ちはおさまらないまま、薬の入った袋を見ると「苦情がありましたらここへ」という広告が目に入りました。悩んだ挙句、総合病院の苦情受付に電話をしました。

そういう過去の経験があった病院です。
実は、私自身が今のしょうがいに関して大変お世話になった病院ですので、落ち込みはひどいものでした。
自分の名前を名乗りました。

あの時「自閉症」ってしょうがい名とそれについてのおおまかな説明をを出し、苦情を言ったことは正解だったのかもって、今になってみると感じます。 私の一言でってわけではないだろうけど、1年前に比べたら本当に自閉症児である冬馬のことを受け入れてくれる姿勢の病院になっていました。
ありがたいことです。ありがとうございます。

本当に気持ちのいい日でした。皆様に感謝です。m(_ _)m

theme : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
genre : 育児

冬馬の睡眠も安定しました。

2007.09.25.01:48

この寝顔を見てやってください。
070925_0119~0001.jpg

このごろ大好きな「おさる」さんのぬいぐるみを抱っこして静かに寝ています。

先々週はバラッバラな睡眠時間に翻弄された母muddy。
精神的な浮き沈みも2日あったものの、先輩お母さん達からのアドバイスによって復活!そして、夜型にも身体が慣れて安定した精神で冬馬と付き合えた先日まで。

そしてこの連休は、23~0時までに寝てくれました。

この間、ほんとにいろんな事を考え、対策を練りました。
保育園に「昼寝をできれば止めさせてください。ムリな時は他の園児さんにも影響があるだろうから私が迎えに来ます。」とお伝えし~仕事も保育園のお昼寝が10月いっぱいまであるとのことで、その2ヶ月間はお休みさせてもらっています。(育成会関係のお仕事で良かった。理解してくれる職場だから)

睡眠が整わず、3日目だったかな??
おもちゃ屋さんに行ってお猿のぬいぐるみやスヌーズレンに共通するかな?と、バウンドするおもちゃを買ってきたり、
夜中何時に起きてもいいように、旦那と夏猿は寝室で寝るようにして、私と冬馬はリビングで布団を敷き、夜中~明け方までお絵かきとおりがみに付き合い。

そんないろんなことがあったけど、この寝顔を見ると、今のところ何とか安定したな、と安心感でいっぱいです。

『この子の寝顔を見ると普段の苦労が吹っ飛びます』とおっしゃる親御さん、たくさんいらっしゃいますよね。うちの旦那さまピエールもそう言います。
私はこの言葉を聞くたびに、「凄い!」って思うんです。
そこまでの気持ちになれるって、凄い親だなって思います。
私はこの言葉、正直言えないな。。。

私は親としてまだまだなんだろうな。
反省の毎日です。出来る親を目指しているわけでは決して無いんです。経験で備わってくるものだと思う。ないけど、自分が精神的にまだだって常に感じる。すんごくもどかしいです。

でも、冬馬が喜ぶこといっぱい提供したい。でも、物を与えて喜んでいる姿を見て喜ぶだけじゃ済まされない。将来のために冬馬と夏猿に伝えないといけないものが沢山ある。それを常に感じてしまう私は、子供たちに厳しい母であるかもしれないし、それらの対しての子供達の反発に疲れを感じている自分でいます。特に夏猿は3歳児によく見られる第〇次反抗期?でもあるし。(^^;
もっと気軽に母が出来たら、どんなに楽だろう。

睡眠障害

2007.09.21.03:24

冬馬の睡眠が整わず数ヶ月。この2週間は特にそれが出てきていて、私もどうしたらいいのか?わからんちんでした。
昨日は2時。今日もさっき寝付きました。
冬馬に付き合っていて、寝付いたのを確認してから私の睡眠に取りかかるのだけど、私も睡眠ができなくなってきています。薬飲めばいいのかな。。
昔のように夜型人間になっている。やばいぞ。(--;

で、またまた登場!
私の上司のSさん(成人男子の自閉症のお子さんの母)に更に相談。
睡眠障害とうまく付き合っている親子さんです。
で、教えてもらったのが「睡眠表&グラフ」を作ること。
早速先週からつけています。薬を使わなければならないとき医師の参考になる&子供のリズム~刺激の受け方と睡眠との関係を知る目安になるよの事。
昨日の育成会事務局でその表を持参したら、「休日は特に母と一緒に家で過ごしてみたら?」とのアドバイス。他にもいろいろと教えてもらい。私の逃げ道の場所も手配してくださるとのこと。ほんと、ありがたい方です。

睡眠が少なくなって体力減退⇒精神的なダメージが多くなってきていて、冬馬を大きい声や手を引っ張ったりして叱ることが多くなっていて、(叩くは意味無いから止めたけど)それを見ている3歳3ヶ月の夏猿のおしゃぶりが復活したり、「かあか、あのね。夏猿かあか好き。かあか夏猿好きって言って」とよく言うようになり。
「ああ、私ってダメ母だよ・・・・・・」と反省の毎日だったんです。

でもね、Sさんやその場にいた先輩お母さん達の経験談を聞いて、すごく助かりました。
冬馬の睡眠の話をSさんたちにお話した流れで、いろんな経験談の話になり、自分が子供にやってきたこと、そしてその結果どうなったのか?って話をいっぱいお聞きしました。
みんな同じ経験を経てきているんだって感じ、ある方は
「私、今思ってみればよくあの頃のあの状況を過ごせたなって思うよ」と言ってくださり。
「睡眠障害は脳のしょうがいの1つの症状だからその子にとっては一生治らないもの」だと言う事もわかったし、気持ちの切り替えが出来るようになりました。久々の『腹をくくった瞬間』でした。

それが一昨日の話。
その日の夜から、冬馬に「寝よう。」「寝なさい!」という言葉を言わなくなった自分がいます。
考え方ひとつでこんなにも気持ちが変わるとは。

寝たくても寝れない冬馬。
イライラするのは当り前だよね。
今までムリをさせていたのかもしれません。
自分の体力が続く限り、冬馬に付き合いましょう!

落ち着いたら、夜中に描いた作品を「冬馬の小さな展覧会」にもUPします。このごろ色彩豊かになってきました。(^^V



theme : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
genre : 育児

はあ~

2007.09.19.01:26

ため息っていろんな種類がありますよね。
今日は2種類のため息をしました。

昨日前2日間、冬馬は睡眠障害がありました。いや、ここ数ヶ月は久々に頻繁に起こっています。
3時に突然起きてそれから寝ない。明け方にはまた寝て何とか保育園の登園に兄弟とも間に合いましたが。
睡眠障害があるときは何かしらの原因があるはず。自閉症児・者が併せ持つ症状のひとつのようです(みんなが持っているわけではありません)。脳の機能障害だから仕方ないのですが。。。
これが起こると、母である私は付き合わなければいけません。
普段のパニックなんかこれに比べたらどうってことないんです。
とにかく体力は失われ、それがきっかけで精神的にも参ってしまいます。
誰を責められるわけではないから、何とか冬馬に合わせるしかなく。。。
睡眠障害が毎日あるのであれば、医師も薬の処方を考えてくれるのですが、うちの場合は週に何度かなんです。だからやっかいなの。
で、データを今以上に詳しく取ることにしました。

そんなことがあり、今日は親子でイライラ。
一番近くで二人に接している夏猿が、かなり気を使っていました。ほんと彼には申し訳ないです。

で、大きなため息がひとつ。ふあぁ~

そんな状態。何も手がつけられず集中力に欠けます。ブログにもいっぱい書きたい楽しいことがあるんだけど、そんな気分に切り替えが出来ず。
でもね、ネットラジオを先日の土曜日につけてみたんです。冬馬と二人きりで午前中いっぱい絵をたくさん描いているときに、二人ともリラックスしちゃったからBGMが欲しいなって思って。
冬馬が好きなスタンダードなJAZZのサイトを選択したら、ずっとブルーズがかかってね。大好きな曲ばかりかかって。シカゴブルーズ・カントリーブルーズなどなど。
で、その日から一人の時に(子供が寝た後)ネットを開けてネットラジオを聴いています。
今は、7・80年代~90年代のロック&ポップスのサイト聞いてます。
キャロル・キング、イーグルス、ガンズ、U2、などなど。もっともっといろいろとあって、懐かしくて癒されます。
80年代って凄くかっこいい曲が多いなって私は思います。
もっと前の年代も名曲は沢山あります。
今の音楽を聴いてもどうしても受け入れが難しいのは、80年代が一番印象に残る時期(青年期)だったからなのかな?
で、聞いてて二つ目のため息、はあぁ~!気持ちいいな

音楽の話になると尽きないのですが。。。
7・80年代というか、私が学生時代によく聞いたのは、ベストヒットUSAでTOP10にのぼっていた洋楽(あまりにも広すぎて名前も挙げきれないのです)や邦楽。
邦楽は、RCサクセション・シオン・憂歌団をよく聞いていました。
あ、何故かハウンドドッグも好きでしたが。

久々に音楽を聴いて癒されてのため息をついたこのごろ。
やっぱり、音楽ってそのときの自分と一緒にあるものですよね。
あの時には戻りたくないと思うけど、ただただ懐かしく思います。
名曲はいつ聴いても名曲ですね。


ドラマ「マラソン」

2007.09.13.23:59

先日、自閉症児・者親の会の連絡網で情報がまわってきました。
9月20日(木)夜9:00~ TBS系にて「マラソン」が放映されるそうです。

主役はジャニーズの二宮くん(「あらし」ってグループの人だそうです)、
母親役には田中美佐子さん、マラソンのコーチ役にはTOKIOの松岡くん。
演技も期待できる役者さんたちですよね。私は個人的に田中美佐子さんが好きです。

「マラソン」と聞いてピン!とくる方、多いと思います。
2年前くらいだったかな?韓国の映画「マラソン」が上映され、ある方達の中では(特に自閉症の子供を持つ親の間で)話題になりました。私は旦那と一緒に映画館に観にいきまして、主役の方の演技力に圧倒されてしまいました。
とっても心に残る映画でした。その後、本も出版されその日本語訳が蓮池薫さんが手がけたことは記憶に新しいです。

自閉症の子供を持つ親として、たくさんの皆様に観て欲しいです。
ジャニーズファンの10代~もっと年齢を経ている方達にも観ていただけるだろうことが嬉しく感じています。キャストにジャニーズさんを起用されていること、ありがたく感じています。
あと、ドラマのHPを見させていただいて感じた中で、私が日ごろ感じている記述がありました。
「しょうがいを持っている子もそうでない子も、子育てに関しても基本的に同じなんだ」って事です。

これは、母親としての意見です。

ドラマ、楽しみにしています。(^^)


実は

2007.09.13.20:36

胃カメラ飲んできました~。
今回二回目。
前回は遠い親戚がやっている病院で飲みました。その時は意識が無く終わっていたから、全身麻酔状態でした。
今回は、近くの総合病院にて。
喉の麻酔と胃周辺の筋肉を柔らかくする注射のみ。
意識がありながらの検査。
私は、昔から嚥下が弱くて。異物があればすぐに「おえ」ってしちゃう人。
今日の検査は、医師が笑ってしまうほどの拒否で、検査中看護士さんが「ごめんね、押さえちゃって」と、言われながら羽交い絞め状態(--)
何とかやってのけました。
検査後、医師と看護士さんに謝りまくっちゃいました。(^^;

結果は「綺麗な胃&十二指腸でしたよ」とのことで安心しました♪

療育に行ってきました

2007.09.09.01:41

今日は、冬馬の2ヶ月に1回ある療育に行ってきました。
地元の自閉症児・者親の会の先輩お母さんが企画・運営をしてくださっているものです。今日、補助金をいただけることがわかり、今までの療育料を少し返金していただきました。ありがたい(T〇T)

2ヶ月に1回ということで、療育といっても成長の度合いを見るのが主になっています。PEP-R検査の取り直しをしたりもあります。
だからこそ、だと思うのですが、冬馬の成長が2ヶ月前と比べるには丁度いい期間なのかもしれません。
「言葉」の認知度や相手とのやりとりや駆け引きなんかが伸びていることを、先生方が褒めてくださいました。

さっきまで旦那ピエールと、冬馬の成長に関しての話を沢山しました。
確かに冬馬は5歳になってからいろんなことが出来るようになっています。特に自己表現の仕方の変化、親や他関係してくださる大人とのやり取り、周り同年代の子供や年下の子供への興味、などが膨らんでいます。
そんな話をお互いにし「やっぱり成長しているんだね」って改めて感じ、幸せな気分になりました。

夏猿との関係も強くなってきているように感じます。
夏猿をすご~く意識しています。兄弟だって意識は無いかもしれないけど、「いつも一緒にいて当り前」な子で、気持ちを許す存在でもあるのかもしれません。
こんな事を感じるときは特に、兄弟を産んで良かったなって、改めて感じます。
兄弟だから、お互いさまという意味でもいいと思います。

今日もいっぱい先生に褒めてもらって、冬馬も私も大満足。(先生方は基本的に叱ることは殆どしませんが)

この療育をやっている場所は、来年度から冬馬が通う小学校(区内の特別支援学校)です。その場に慣れているし、楽しい場所だって思っているようです。今週はここの体験入学にも行ってきます。
来年度、冬馬が『学校大好き』になってくれたらいいなって思います。


theme : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
genre : 育児

今夜の出来事を綴るの巻。

2007.09.08.01:45

冬馬はこのごろ、折り紙にも凝ってまして。
折り紙をいろんな形に切って楽しんでいます。
ある日、折り紙に他の色を重ねることを伝えました。
それからはまりまして。
一枚の折り紙に、他の色を切って貼り私に見せるので、それを使って鶴を折って渡しました。大喜び!

折り紙の色の組み合わせはいろいろです。
渡された折り紙をどうやったら綺麗に見えるか?考えながら折る母がいます。折ってみると、鶴の服のようになったり、顔の模様になったり。。。
冬馬に出来上がりの鶴を渡すと、更に色づけや模様を描いたりします。

毎晩、その繰り返しを今していて、鶴を最低10羽~折っています。
これが毎日の寝る前の行事と化してきたので、折った鶴を糸で繋いでいくことを提案しました。
これもはまりました。
またまた、寝る前の行事&母の仕事が増えました。(笑)
で、またまた今日は仕事が増えました。
作ったものを、「シール!」と訴える冬馬。
壁に貼ることを主張し、セロハンテープで、鶴たちと自分が書いた絵を寝室のドアに貼ることになりました。
この2日の作品たちです。(うう、写真が貼り付けできないぞ。。。)

今夜は鶴は勘弁させてもらいました。夏猿と私の体調が悪いので、ちょっと冬馬に我慢をしてもらいました。
で、絵を描く習慣だけは許し。描いたものは、動物でした。
その前に私に「書いて!」と訴えてきたものがありました。
「えんえん」と。泣いている顔を描いて欲しいのか?と思ったので描きました。そのあと、笑顔の顔を描いて渡したら、「スーパー」と言いました。
あら?と気が付きました。
今日あった出来事を書いて欲しかったのかな??

スーパーの絵を描くと、「シール」と言いました。
夏猿が寝付く時だったので「待ってて」のサインをずっと伝えました。
でも、待てずに大騒ぎ。
夏猿が寝付いてすぐに冬馬の描いた絵をドアに貼ってみました。
何とか満足したようで、「ねんね」のサイン。
良かった。寝付けそうです。

その後、片づけをさせて一人で寝ることを勧め、私は別室で家事をしていました。寝ました。良かった。今日は何とか23時過ぎには寝てくれました。



冬馬の絵~車編

2007.09.06.01:15

070907_2332~0001.jpg

070907_2331~0004.jpg

070907_2331~0003.jpg


今日は、車関係を書きました。そんな気分だったのかな?
出来上がると、昨日飾った壁の絵と交換していました。
これが毎日の日課になっています。
どうでもいいことだけど、写真見にくいね(^^;

講演会&勉強会に行ってきました。②

2007.09.02.00:37

上田さんの講演のあと、ICF(国際生活機能分類)についての勉強会がありました。
正直、難しくてわからんちんでした。
でも、1つだけ解ったことは、
その子(対象者)のしょうがいや病気から入った支援ではなく、その子を取巻く環境だったりいろんな要因を考慮し、まず最初に何に目を置いたら良いのか?を教えられました。

まだまだわからないところばかりなので詳しくお話しは出来ませんが、これから教育の現場でも実践されるであろう支援の方法だと思います。
母として知るべきもののひとつかなって思うので、ゆっくり理解していけたらいいなって思います。

話はかなり飛びますが。。。
この講演会の主催は、県教育委員会でした。
そのためか?教職員の皆さんが大半。あとは当事者の親御さんだったり、他支援者の方が参加されていたようです。
で、会場に早くに行った私は、知り合いの近くに座ってぼ~っとしていると、懐かしい顔が見えたんです。

私の恩師である、A先生の姿が!!!
A先生は、私の高校1年生の頃の担任の先生。穏やかで明るく楽しく、パソコンを1本指でかちゃかちゃ忙しげに一所懸命に打ち込み、なんにでも情熱を感じる先生で、クラスのみんなが大大大好きな先生でした。
先生が私達のクラスを最後に、県教育委員会への移動になり、先生とのお別れ会を兼ね、終業式の日はクラスみんなで最後の授業を涙いっぱいでお別れしたという、青春ドラマのような別れをした方でした。
ほんと、A先生にはいろいろと迷惑をかけてしまったけど、先生は受け止めてくださいました。落ちこぼれの私を朝の追試でフォローしてくださったり、恋愛問題や友達との関係も見守ってくれていました。
たぶん、名前を覚えてくれているのは私が問題児だったからだと思うのですが(^^;
ひとりひとりの生徒を、生徒目線で見てくださる先生でしたから、教育委員会へ抜擢されてもおかしくないって思っていました。
そんなA先生に約20年ぶりにお会いできたんです。
先生、私の名前(旧姓)を覚えていてくださり、私を気遣ってもくれました。先生も大変な立場だとわかっているので、お互いに今置かれている立場を考慮した、ちょっと大人の会話をしちゃったりして、何だかテレくさくも感じました。
もっと先生とお話ししたかった。A先生が「また同窓会をしたいね」って言って下さいました。
ちょっと、同級生に声かけてみようかな。。。




theme : 障害児と生きる毎日。
genre : 育児

講演会&勉強会へ行ってきました。①

2007.09.02.00:02

切り絵作家の 上田豊治さん、お母さんの上田幸子さんの講演会へ行ってきました。
まず会場の前に上田さんの作品が並んでいました。繊細でかつ力強く、水や景色、生物、人間、すべてのものたちが生きているっていうことが伝わってきます。
豊治さんの作品が載っているHPがありました。

講演会は豊治さんの挨拶から始まりました。
その後、お母さんの上田幸子さんのお話しをお聞きしました。豊治さんはその横で切り絵の実演をされていました。

大先輩のお母さんである幸子さんの言葉ひとつひとつに温もりと力強い確信を感じました。
幼少期のお話が特に長かったです。ちょうど冬馬と同じ時期の話しは、今の自分とオーバーラップしてしまい、涙が止まりませんでした。
豊治さんとお母さんが関わってきた先生方や周りの皆さんとの関わりについても勉強させられました。私もがんばろう!って思わされました。
特に、「連絡帳」を通じて先生方との信頼関係を結んできたことをお話ししてくださいました。やっぱりそうなんだって思いました。

上田幸子さんの著で豊治さんの切り絵作品が載っている本があります。 ネットで早速調べ、購入しちゃいました。
この本のはじめに上田幸子さんの言葉があるそうです。(講演会の最後に紹介してくださいました。)

「 豊くんへ

 私の人生を私が計画してたより
 とても狂わせてくれて
 ありがとう

 二度と歩きたくないけれど
 くりかえしたくないけれど
 二人でしっかり歩いてこれたね

 あなたがいなければ
 私はこんなに立派な人生を
 歩けなかったわ

 豊くん、お母さんを支えてくれて
 ありがとう

 そして、これからも
 どうぞ よろしくね   」


経験した人だからこそ出せる言葉だなって思います。



theme : 障害児と生きる毎日。
genre : 育児

プロフィール

muddy

Author:muddy
主人:ピエール42歳
長男:冬馬(とうま)11歳
次男:夏猿(なつき)8歳
管理人:muddy(マディー)
42歳。主婦

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。