FC2ブログ

進学について

2007.10.27.00:29

冬馬はただいま保育園の年長さん。来年、小学校へ進学します。

私は、というか、旦那も私も、教育委員会の先生も昨年度から
「冬馬は養護学校へ行くのがベストだ」という思いと意見があり、99%区内にある「北養護○○分校」に進学することを決めていました。」

でも、このごろの冬馬の成長ぶりと保育園での生活、何と言っても保育園でのお友達との係わり、夏猿との係わり方を見てきて、近くの公立小学校の隣の学区にある「養護学級」に通ってもいいのではないか?という思いが強くなってきました。

で、2日前の晩、旦那ピエールに相談をしました。
とにかく、一応、隣の学区とは言え、地域の養護学級の体験を親二人で同伴することになりました。

教育委員会進路を担当の先生との面談の日にちも決まりました。
あとは、養護学級の体験の日にちをアポを取って決めて、望み、その後決めるしかないです。
親の感ずることはそれぞれの思いがあるでしょう。
でも、最終的には冬馬の意見を聞こうと思います。
聞くっていっても、冬馬はわからないと思うのですが。
でも、冬馬には選ぶ権利があるから、冬馬に写真を見せながら、ゆっくり選ばせようとおもいます。

親としてはいろんな思いがあります。
以前は、「冬馬時間」を大切にしたいって、思っていました。
放課後の冬馬時間って、ありえるのかな?って。
うちはピエールが仕事でいない夜なので、親の手薄になってしまうこともしばしば。よく子供たちに「待ってて」を連発してしまうんです。

私は常に「親子で自立する」ことを目指しています。
そのためには、冬馬にとってどんな環境がいいのか?
考えてしまいます。

養護学校に行けば、それなりの冬馬時間を大切に、の個人プログラムを考えてくれるでしょう。
養護学級では、それはないかもしれません。でも、近所におともだちが 出来るかもしれない。
養護学級に通うなら、夏猿と同じ学校に通える可能性もあるんです。
小学生の頃だからこそ、親としては同じ学校に通えるようにしたいって思っています。それには、ピエールは反対のようです。
「夏猿がいじめられるかも」と。。。

ちなみに、冬馬はどちらの学校に行ったとしても、中・高学校は近所に建設予定されている学校に入れたいなって思っています。
それは、就職を考えてのことです。


兄弟のいらっしゃる方、意見をお聞かせください。
お子さんで兄弟がしょうがいを持って同じ学校に通っていて、いろんな場面でイジメはありますか?
他にも兄弟がつらい思いをしていますか?
教えてください。

ちょっと説明不足のところもありますが、教えてください。
スポンサーサイト



theme : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
genre : 育児

なんとかなっちゃったんだな。

2007.10.26.23:42

今日は忙しい一日だった。
このごろ風邪やなかなかモノモライが完治しない私。
この体調の悪さはスイミングを休んでいるからだ!との思いもあったから、午前中1時間暇が出来たのでスイミングへ。
行ったら、契約幼稚園児たちがいっぱい!泳ぎが出来ないため、ダイビングプールで30分ウォーキング&サウナ2回。
汗をいっぱいかき、程よい疲れが起こり、その後久々に普通に食事が出来ました。やっぱり身体を動かすのっていいね~♪

夕方、子供たちの早めのお迎え。
冬馬の虫歯治療トレーニングがあるため。夏猿&冬馬けっこう素直に行ってくれて助かりました。
冬馬は今回も何度かイヤがりながらも、診察台に自ら寝られ、がんばっていました。再来週は本番の「虫歯治療」です。ああ、恐ろしい。。

その後、冬馬の希望でマクドへ。
歯医者に向かう前に希望を取ったら「タラッタッタッタ~」と言うから。
そうそう。歯医者へ向かう途中、旦那ピエールから電話が。今日は遠方の仕事なのに、珍しい。何かあったかな?と電話を取ったら・・・
『吐き気が止まらないから、今日はキャンセルの電話を入れた』との事。
電話を切った後、「あ!」と思い、折り返し電話をして「もし一人で病院へ行けるなら行ってください」とお願いをした。行ってくれたようで診断を受けました。

歯医者が終わり、子供たちと帰宅。ちょっとやつれたピエールが出迎えてくれて。子供たちには(特に夏猿に)帰宅中の車の中で
「お父さんがおうちにいるけど、病気になっちゃったんだよ。だからお仕事お休みです。静かにしようね」と説明したためか?
子供たちも承知していて、全然困らせませんでした。

で、子供たちとお風呂&夕飯を済ませたあと、私は夏猿の保育園の役員の話し合いがあるため、実家の父に初めて子供たち2人をお願いすることに。私は「広報&リクレーション委員」の担当なんです。
11月11日に行われるリクレーション企画の行事の担当決めと、仕事の流れの確認がありました。
この話し合いが今週初めにお知らせが来たので、子供たちをお願いしたくのヘルパーさんにも断られてしまい。最終的な頼みの綱の姉もダメだったので、思い切って私の父にお願いをしました。
私の父は根っっからの職人気質の男。
私だって一緒に遊んだ記憶も無い人。実家に遊びに行っても父は20分で自分の部屋に行ってしまう人なんで心配はあったけど、お願いをしたら「おう、任せとけ!」と。
「大丈夫かな??」という思いがすご~くあったから、実家に行き子供たちには「おじいちゃんの言うことを聞ける人!」と何度も確認。
父に「しつこい!もう行け!」と言われ。
再確認で父に「大丈夫だと思うけど、二人から目を離さないでね。特に冬馬ね」と念を押してしまいました。
で、父にまた「大丈夫だから早く行け!」と追い出されるように行きました。でも、私を見送るときに
「何時頃になる?」とのひとこと。やっぱり不安なんだよね、おやじも。

話し合いもすぐに済み、実家に向かいました。途中、携帯に電話もかかってこなかったし~。
父より「おい、二人ともいい子だったぞ。持ってきたおむすびの米を撒き散らして、俺が拾い集めたんだ」と。
で、夏猿が私にではなく、父に「これ取って」と何度も言うんです。
で、父が見たら「おむすびのご飯が服についてたのか~。じいちゃん、さっきまで米拾ってたもんな~」と。
父は嬉しそうに取っていました。何だかほんわか気分になりました。

今まで父に子供たちのことを頼むのは無理だと決め付けていた私。
たぶん、姉・兄もそう思って任せなかったと思うんです。
だから、いろんな行事のお誘いも知らせないでいたんです。

でも、父もいざとなったらやってくれるんですね。それを知りました。
父ももう70歳。いつも頼りにはしないけど、これからは子供たちの行事もお知らせしてもいいかなって思いました。

今日はかなり長くなりました。読んでくれてありがとうございます。

運動会

2007.10.21.00:29

夏猿の運動会でした。
冬馬も一緒に行ったので、夏猿の演技を見れませんでした。
でも、ビデオに旦那ピエールが撮ってくれたので、それを見ることになります。
こういうのがずっと数年続くのかな?
でも、それでも、冬馬は我慢してその場に居れたと思います。

夏猿にとって、その場にはお母さんがいない!って事はあえて言わなかったようですが。
でも、風邪をひいてる事もあり、わがままを言い放題でした。

その夜、初めての母の飲み会がありました。
トマト組母の会、みたいな。
「初めて飲み会に参加したよ」って人も数人いれば、
「合コンにも行ってるよ」って人もいるし。
母親でも年齢はさまざま。
いろんな思いがありまして。
うちは、出てしまうと旦那、ピエールが「楽しんできな」って言ってくれるから、そのままお付き合いもしてきました。
ありがたく、楽しんできました。
面目ない。。。

祝!初めての共同作業

2007.10.18.23:38

冬馬&夏猿、初めての共同作品。

「らいおん」だそうです。
071018_2310~0002.jpg


こんな姿で描いていました。いつもながら、暗い中で撮っているので見難くてごめんなさい。
071016_2111~0002.jpg


今週初め、家の模様替えをしました。
1階にあった寝室を二階に移し、寝室だった部屋を子供部屋にしました。いろんな意味がありの模様替え。
ベッドの移動やTVの配線なんかの電気関係、ピアノの移動、他にももろもろ、業者さん関係はほとんど旦那ピエールに任せ、私は最後のレイアウトや必要物品の買い出し しかしませんでした。
で、生活環境がかなり変わり、家族みんながどうなるか?不安もあったのですが、大成功だったみたい♪

何といっても、冬馬の切り替えが早くなったこと、◎。
おもちゃや絵画道具、文房具&本は、その日の必要最小限のみを寝室のある二階に持って行くため、寝る時間がいつもより早くなったこと、○。
そして、兄弟ふたりが工夫して同じ作業(絵を描く、トイレ、歯ブラシ等)が出来るようになったこと、◎花丸!!
凄く大きい変化です。
まだ1週間しか経っていないから、この先は冬馬&夏猿なりに今の環境の中で、どうしたらもっと遊べるか?考えることでしょう。

これから先、子供たちがどう出るか?親としては期待半分、不安半分!?

theme : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
genre : 育児

運動会うらばなし

2007.10.12.00:32

冬馬の保育園のクラス便り(きりんぐみだより)で、
「運動会うらばなし」を担任先生が書いてくれました。
以下、記事をそのまま書きます。(登場人物は実名を書いてあります。ここでは、仮名にします。)

『初めはリレーに勝ち続けたきりん組。でも前回の手紙でお知らせしたように1回負けてしまいそれ以降は勝ったり負けたりいい勝負。
負けた日は必ず作戦会議をしていたのですが、最後の週は負け続けていたのです。それは、冬馬くんがコーナーの所でバトンを投げてしまうことを楽しんでしまうこと、それで他の子たちも早くからあきらめてしまう子がでてきてしまっていたのです。
今までは「もっと手を振って走る」「最後まで走る」といっていたのですが「冬馬くんがバトンを落としちゃうから」「走るのが遅い子がいるから」というようになりました。
みんなで力を合わせて走ることが大事なことを(先生が)話していると
Aくんが「ぼくが冬馬くんの分も早く走るよ」、
Bちゃんも「私もがんばる」、
Cくんも「遅くなった子の分も早く走るよ」、
Dくん「オレだって早いよ」
みんなが次から次へ「みんなで早く走る」といってくれたのです。
もう1つ、みんなで冬馬君に「バトンを落とさないでね」と頼むことにしました。みんなは そんなこといっていいの? という顔をしたのですが冬馬くんはみんなにいわれて困った顔。これで通じたなと思ったのです。
 そんなことがあって当日を迎えたのです。勝負は見ていただいた通りですが 勝った後
Eくんが「冬馬くん今日バトン落とさなくてがんばったね」
Fくん「そうだね」
Gちゃん「うん」
リレーに勝ったこともうれしかったのですが、みんながひとつ になってがんばったこと。友だちを認めてくれること の方がとてもうれしかったです。
クラス全体がリレーを通して成長しました』

というお手紙を担任先生が書いてくれました。

もちろん実名を出しているので、先生は数日前に私に書いてもいいか?聞いてくれました。
即OK!の返事をしたし、っていうか「ぜひ!!」とお願いをしました。
このお手紙の内容の出来事は前の日記にも書いたけど全て先生から報告をもらっていたんです。
この話しを聞いたとき、クラスのみんなの優しさと強さに感謝し久々の嬉し涙を先生の前で流してしまいました。
「みんな凄いね」って先生に伝えました。

これを読んで親御さんたちはどう感じるか?私はわからないけど、ぜひ子供を褒めて欲しいなって勝手に感じています。
それから、こんな素敵な子供たちの親御さんに「ありがとう」って言いたいです。


theme : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
genre : 育児

手作り絵本~兄弟への意識が変わってきました。

2007.10.09.22:45

冬馬のお迎えに行ったら先生が「冬馬君、今日は自作の本を作っていたよ」と。↓
071009_1653~0003.jpg
071009_1653~0002.jpg

(ちょっと名前が見えちゃってるけど、気にしないでくださいませ)
で、先生の話しには続きがありまして。
「『とうま』って1冊は自分で名前を書いてね、もう1冊は『なつき』って書きたかったけど書けないもんだから保育士に『書いて』って言ったの。なつきくんの本も作ったんだね~」と。
確かに名前が書いてあるし、冬馬は夏猿に会うなり本を差し出していました。(笑)

帰宅して、「おやつ~!」と叫ぶ二人。今日のおやつはプリッツ。
二人ぶん出してあげると、何やら冬馬が自分たちのイスを移動しています。
イスを机かわりにし、食べています。夏猿のぶんもセットし、夏猿が来るまで待って一緒に「いただきます、どうぞ」と言って二人で食べていました。
071009_1653~0001.jpg


このごろ冬馬はかなり夏猿を意識しています。一緒に何かをしたいって思いが芽生えてきました。嬉しいな~

theme : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
genre : 育児

富士サファリパーク

2007.10.07.23:30

昨日は頑張った冬馬と、ちゃんと最後まで運動会の見学が出来た夏猿へのご褒美に?
今日は、富士サファリパークへ行ってきました。
3連休の中日。おお混みだろうな~と思ったけど。案の定混んでたよ。

すんごく楽しみにしていた二人。
混んでいるから1周しか出来ず、サファリパークを出てからは大泣きでした。

帰宅後、早速書き始めた冬馬。
今日も何時間だろう?夢中で書いていました。
071007_2050~0002.jpg

071007_2050~0004.jpg


出来たものをドアに貼り、ずっと「どーうーえん!」と言ったり、「富士サファリパーク♪」と唄ったりしてニコニコしながら眺めていました。
相当楽しかったんだね。

今度は混んでない平日に行こうね~

運動会

2007.10.06.23:15

冬馬の運動会でした
年長組なので、保育園最後の運動会です。
年長になると親子競技も含め6種目。忙しい冬馬君。
今年もどうなるか?前日いや、当日まで不安はありました。
でも、担任の先生にお任せするしかないもんね。

踊りあり、障害物あり、最後にはクラス対抗リレーあり~の。
去年と比べて、大きな成長を感じました。

今年は運動会の前に体調を崩して5日間休んだから、練習もあまり参加できませんでした。でも、先生がつきっきりではあったけどその場に居れたし、移動も出来たし。
障害物はゆっくりだけど最後までこなせたし。
何と言っても、一番心配だった「クラス(きりん組対ぞう組)対抗リレー」でも最後まで走れました
にやにやしてたけどね。(笑)

リレーは、お互いのクラス共「勝ちたい!」って気持ちが強くって。
みんなで毎日作戦会議をしていたそうです。
冬馬を早くお迎えに行った日のこと。お部屋から
「冬馬君が・・・」と言っている声が聞こえました。
内容までは聞こえなかったんだけど、リレーの話しをしていることがすぐにわかりました。
冬馬が走れないからみんなの足をひっぱっているのかしら?
心配がつのりました。
運動会前日のお迎えのとき、先生に
「冬馬が足をひっぱってないですか?もし走れなかったら、バトンをわざと落とすことをやってしまったら。。。みんな一生懸命じゃんね、私も勝たせてあげたいよ、先生。冬馬が調子悪そうだったら、無理に参加しなくてもいいと思っているよ」
と伝えたら、先生が
「大丈夫。冬馬君のフォローをみんなが出来るような作戦もみんなが考えているよ。冬馬君がいてくれるからみんながそういう気持ちになれたんだよ。私は冬馬君に感謝しているんだよ。
それからね、冬馬君みんなが話しているのを側で聞いていて、顔色が一瞬変わったんだよ。皆が言っていることが解ったんだね。」
と言ってくれました。で、私も「お願いします」
と言ってきたのでした。

当日、ハラハラドキドキのリレー。冬馬は第一走者。
なんと!最後までバトンを落とさず、コースを走っていけました。
後でビデオを見たら、周りのお母さんたちも「がんばれ~!!!」と、いっぱい応援してくれていました。私も思わず「冬馬、ガンバレーーー!!」と少し声を落として応援しました。(冬馬に聞こえないように。聞こえるとこっちに気を取られそうで。苦笑)

閉会式も終わり帰るとき、ずっと付いてくれた先生とお話をしました。
先生が「本当によくがんばったね~。私、何度もウルウルしちゃったよ」と言ってくれました。
私も「先生、いい思い出が出来ました。ありがとうございました」と伝えました。

今年は冬馬のことだけでなく内容も全て、とってもいい運動会でした。
私達家族&ばあばもみんな運動会の競技に参加しました。
『みんなで楽しむ運動会』園長先生が開会式の時におっしゃっていた、まさにそんな運動会でした。

theme : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
genre : 育児

子供に救われた。ありがとう。

2007.10.02.23:52

今日は夏猿が主役のお話。

冬馬はこのごろ、表現の仕方がわからなくなってしまったのか?
私がわかってあげれてないっていうのもあると思うのですが、
イライラすると、物を投げたり、絵を描いているときも上手くいかなかったりすると怒ります。
今夜もそうでした。
毎晩私は、冬馬と夏猿と3人で過ごしているので、冬馬に付きっきりってことが出来なくて、それも怒る原因なのかもしれません。

今夜も怒りの矛先が夏猿に向けられて夏猿が思いっきり蹴られたり、笑いながら(注:冬馬なりの表現です)叩いたりがあったり。。。
折りたたみの小さな机や毎晩の楽しみのアイスを何度も投げました。

そんな状況を見ていたからか?
夏猿は突然、薬が入っている棚をゴソゴソ。
で、取り出したのは「アンパンマンの絆創膏」。

夏猿:「かあか、にいに(冬馬のこと)の痛いところに貼ってあげて」
私 :「うん。にいにどこが痛いのかな?聞いてみるね」
私 :「夏猿が『冬馬の痛いところに貼ってって言ってるよ」
冬馬:「ここ」 
    しばらくしてから顔を指しました。
    で、絆創膏を冬馬の顔に貼ってあげました。
夏猿:「にいに、大丈夫?」
私 :「きっとほっぺたが痛かったんだね。夏猿ありがとう。大丈夫だって。」

そんなやりとりがありました。
冬馬が荒れているといつも「かあか好き~、かあか、『夏猿好き』って言って!」という夏猿。
お兄ちゃんが荒れていて、母である私が困っていて いっぱい不安になっちゃったんだね。
夏猿なりの解釈で、解決しようと考えてくれたんだね。

ありがとう。お母さん、とっても嬉しかった。夏猿、優しいね。自慢の子だから、お母さんね、保育園の先生との連絡帳に嬉しい気持ちをいっぱい書いたよ。夏猿の優しさみんなに知って欲しいから☆
でも、自分の気持ちもいっぱいお母さんに表現していいんだよ。ムリはしないでね。

theme : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
genre : 育児

プロフィール

muddy

Author:muddy
主人:ピエール42歳
長男:冬馬(とうま)11歳
次男:夏猿(なつき)8歳
管理人:muddy(マディー)
42歳。主婦

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク