FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊豆三津シーパラダイスにて~親の目線、福祉関係

2009.03.14.23:03

水族館、博物館、公園、キャンプ場、などなど、
私達家族はいろんなところへ出かけるため、そこで会う方達(挨拶などもしない場合もある)
の中で、やはり知的障がいをお持ちであろう方に対して親しみを感じる。
やっぱり、冬馬のおかげで以前よりも気になるからでしょう。
いい傾向だ!(^^)

久々に、他人への非難を出します。
本当に頭にきているし、私にとったら
「人に振り見てわがフリ・・・」というところもありまして、
あと、若い子供をお持ちのお母さん達に知って欲しい!!!
今の青年期~成人の方が置かれている状況を!!!!

今日の伊豆三津シーパラダイスでは、
少年の、たぶん自閉症と知的障がいをおもちの方とそのお父さん、
そして、知的障がい者の方が利用されている施設(事業所かもしれない)団体さんに
お会いした。
前者のお父さんはとってもじょうずに息子さんに対応をされていて参考になった。

後者の中で、凄く気になる女性の当事者の方がいらした。
ショーも見ている時に、近くにいらした。
側に40~50代くらいの支援者の方が数人いた。

私が見ていても、当事者の方はかなり無理をしてその場にいたのだと思う。
輪をかけて、その場に居るために、支援者の数人の人が
「暴れる前におかし!」の状態があった。
この女性だけでなく、小学生に対してもそういう対応の仕方だった。
よく見受けられる「動くなら、大好きな食べ物を与えて、今だけしのぎ」
の状態。

「いらない」と表現しているのに、しつこく
「おやつ食べて・・・これ、あげるから静かにして。ここにいて。」と、
いい続けてるんです。ことばだけで。

しかも、
「このショーが終わったら、ご飯食べよう!」って言うんですよ。(--;
ご本人、お腹一杯でしょう。きっと。
案の定、「おやつ」「ご飯」の誘いを全て断ってましたよ。

これ、皆さん、何歳の方にしていると思います??

たぶんだけど、20歳過ぎた方に対しての支援ですよ。

信じられん。。。 信じられんよ。。。


ずっと様子を見ていて、私は「この方、すぐに爆発するでしょう。。。」と
思っていました。


案の定、怒りが身体を通して爆発しました。
大きな身体で、通り道に寝転がり、
一般の方が通るのを、
「この上またいで下さい、スミマせんね~、あはは!」と。
オイオイ(--)

そんなやりとりが10数分過ぎた後、
支援者の方を引っ掻き始めました。
当り前じゃ!!!〔怒〕
私がその方だったら、そう表現するんじゃ!
だって、それしか表現方法が無いんだから!!!
それをわかって無いでしょう。
こういう形で、こういう支援者から見たら
「この彼女は問題行動が多いんです」
そう、支援者は言うんだろうな。。。どこに行ってもいろんな場所でも。

寝転がったときの支援者の方の対応を見てやっぱり、って思いました。
「トドと同じだね~」
「今度はヘルメットつけなきゃね~」
などと言いながら、笑ってたんです。

どういう気持ちでこの当事者の女性が過ごしているのか?
この支援者達はまったくわかっていないでしょうね。
自分たちが大変だから、一番おとなしくしてくれる
「おやつ・たべもの」を与えて過ごす、
っていうのが、いつもの接し方だとわかりますよね。

年齢相応の対応をされているのか?っていう考えは
この次の問題だと感じました。

支援者の方が苦労されるのはわかります。
だって、この方に対しての親の育て方・学校の接し方が、
終結された結果が今の彼女の姿なんですから。

本当に切ない気持ちです。
ずっとずっと彼女の姿が忘れられません。

冬馬も夏猿も
将来 私が支援ができない状態になった時や死んでしまった後も
誰にも愛される子であって欲しい。

そういう子に育てる責任は親にある。
やっぱりそうだと思う。
親の動き方で変わると思う。

注意:
この話に出した当事者のかたの親御さんを非難する意見ではない事を
承知して下さい。だって、私が今置かれている時代と、この親御さんの時代とでは
全く変わった世界であります。
この世代の親御さんがいらして、今の時代の流れがあるんです。
このことは、絶対に、今の若い子どもの親は忘れてはならないことです。


私は、よっぽど支援者の方に声をかけようかと、その20分くらいの間に悩みました。
でも、支援者の方は支援者の考えがあって、見ず知らずの私が口を挟んだら
反発するでしょう。
私がもっと歳をとっていて、経験豊富であれば上手い対応もするだろうし、
今のように何かしら感じながら声をかけないのかもしれない。。。

数年後の、、、10数年後の私はどう対応しているのかな?

今は、口出しをするよりも「どちらかの施設か、事業者さんのご旅行ですか?」と
所在地をお聞きすることも出来たよ。。。、って思いであります。
スポンサーサイト

夏猿とデート

2009.03.14.22:31

今日は、夏猿と二人だけで「伊豆三津シーパラダイス」へ行きました。
久々の二人だけの時間。
すっごく楽しみました。
本当に、楽しかったです♪
私の大事な彼氏だなって実感しちゃいました。(照れ)

夏猿は写真を撮られるのが大嫌いだから、写真を拒まれました。
だから、一緒に見た「海獣ショー」の写真を載せます。
トド

イルカのショーでは、カマイルカが早く泳ぐところに釘付け。
「なつきんもこんな風に泳ぎたい?」と聞くと。。。
「うん、泳ぎたいね。でもね、俺は『北島康介になりたい!』」
などと言ってましたさ(^^;
スイミングでこの頃評価してもらっているから覚えたのかな?

まあ、目標は高く!

私も北島選手が大好きだから(カクレファンデス・・・)
まあ、いいか!

この日、また他の事で感じたことがありました。
この後の記事に書きます。

キャラ飯

2009.03.13.00:08

20090313001223
冬馬の希望で、こんなの作りました。
スポンジボブです。

再びの新しい出会い

2009.03.06.23:42

この日記の題名にもしました、
『新しい出会い』が、このところ何度もあります。

新しい発見を含めた出会いとでも言いましょうか?

このところ、偶然、「ここで出会った!」
のもあり、

昔からの知り合いとの再会もあり、


特に、同級生や、以前は友達だったのに、年賀状だけだった
お付き合いの方達から連絡をもらったり、
偶然、思いがけない、大きな場所で会って、、、
など、
凄いんです。

こう言う事が続くと
「私は人生のカウントダウンをしているの?」
と思ってしまうのですが、

いやいや、今まで会った方達がこの先の私の人生にも繋がると
思うようになりました。

あまりにも多すぎて、私は処理できない状態です。正直なところ。。

きっと、こういう出会いは
この先の私の人生の課題だと思うのです。

今、再び出会うこと、の意味があるはず。
そう思うんです。

私は、ずっと引っかかる人がいます。
私にとって、とっても大事だった人です。
この人は親友でした。
私が結婚しする前からギクシャクし始め。。。
彼女のことはその時、受け入れが出来ない状態でした。
彼女が今、どうしているのか?は
時々、人づてに聞いています。
元気で過ごしている、そのことばだけで安心しています。
彼女とまた連絡を取りたい気持ちもあり、
でも、お互いに環境が変わったから、
分かり合えないのかも。。。って思いもあります。

いつか、お互いに歳をとって、お互いにいろんな経験をしてきて、
お互いに相手を見つめる冷静な判断が出来る期(とき)になったら、
素直に会えるかな?

今、再び出逢った皆さんが連絡をくださることがありがたく、
本当に嬉しく思っています。
この先もみんなと関わりいろんな事、教えて欲しいし、
共感したいな。

出会いってほんと大事だよね。
生きてきて良かったなって思う。
皆さん、ほんとにありがとう!!







プロフィール

muddy

Author:muddy
主人:ピエール42歳
長男:冬馬(とうま)11歳
次男:夏猿(なつき)8歳
管理人:muddy(マディー)
42歳。主婦

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。