FC2ブログ

子供を通じて思うこと

2013.09.18.01:00

今週末に、次男の夏猿が静岡大学教育学部附属特別支援学校のPTAさん主催の「秋祭り」に
ディアボロ(中国こま)でパフォーマンスをさせてもらうことになり。
本人はのんびりしているので、母はちょっと心配です。(^^;
皆様に見てもらうってことで、話が進んでいるわけですから。。。
ご依頼にこたえられるように準備はしないとねーーー(--; 焦る母。

そんな感じで過ごしておりますが。
子供たちがいろんな場に発表をさせてもらっていまして。
長男の冬馬も今年で4回目の「輝きブック」の出演も決まりました。

次男も長男も、たくさんの方がご支援してくださるおかげで自分を表現できるんですよね。
ありがたい思いがとても強いのです。

まずは、長男がきっかけで私は活動を始め、ボランティアでイベントをされている方、
地域の有志の皆様にお声をかけてもらい。
たくさんのイベントに今まで参加をさせていただいております。
皆様、ほんとうに感謝の気持ちでいっぱいです。

そんな日々を過ごしながら、ふと立ち止まり。

数年前の事を思い出しました。
ある同級生の男の子に偶然会いました。福祉作業所の見学会にて。
卒業して20年近く経ったので最初は??って顔をしながらも、
「ああ~!!muddyさんでしょ~!!」
「あ!Aくんだ~!久しぶりーー!」って。
で、次の言葉はお互いに
「なんでいるの??」笑

A君は、お姉さんが知的障がいをお持ちの方で、ご両親が高齢になったから
A君ご夫婦でお姉さんの一生を引き受ける覚悟にいて。
だから、福祉作業所にお願いして支援員としての勉強をしているとのことでした。
学生の頃はそんな話しもしなかったな。。。みんなに言わなかったんだね。

私はまだそのころは育成会の事務局も子供の親としても若造だったので、(今もですが)
ただただ絶句でした。

で、その数カ月あとにそのA君にまたまた偶然会いました。
次男夏猿の保育園のお迎えのときに。夏猿は5歳くらいの時でした。
保育園とA君が勤めている作業所は同系列だったのです。

A君はうちの次男にこう話しかけてくれました。
「おお!夏猿くんって言うんだね。かっこいい名前だね。
 これからいろいろあるけど、がんばれよーー!」
と、夏猿の頭をくしゃくしゃ~って笑顔でなでてくれました。
すんごい優しい笑顔だった。
夏猿は???だれ?この人?って感じでしたが(笑)

私はただただ
「A君、ありがと!」しか言葉が出なくて。
もしかしたら、「この先、この子の相談にのってやってね」と言ったかも。
帰りの車の中で、感謝の気持ちでいっぱいでした。

夏猿も小学3年生になり、お兄ちゃんの障がいのことはとても意識しています。
自閉症とはなんだ?どんな障がいなのか?は 詳しくはわからないけど、

でもお兄ちゃんは障がいがあってみんなよりも大変なんだってことはわかっているみたくて。


今日もテレビを見て「お母さん、この人ってお兄ちゃんとおんなじ障がいを持っているんでしょ」
と言われてみたら、あるロックシンガーさんで。日本人の。
いやいや、ちょっと怪しいかなとは思うんだけど、違うんだけど(^^; 
この人のお子さんがお兄ちゃんと同じ自閉症を持っているとは聞いたけど。←これらは言わないでいますよ

旦那から聞いたらしく。
間違った情報やあいまいな事は子供に言うな!と、仕事中で居ない旦那にキレそうになりましたが。(^^;

次男は特別支援学校に通う児童生徒たちは、特別な人たちじゃなくて身近に感じているのは確かです。

A君のように、将来兄弟を受け入れる時がくるのかな?
生活面で引き受ける環境にだけはしたくない母の思いがあります。
夏猿には、自分の人生を楽しんでほしい。

だからこそ、私の今の役目は福祉的にもそうだけど、将来の生活環境と基盤を造ることが大切です。
世間の皆様に受け入れていただけるよう地域に出したいので、
冬馬がグループホームだったり、自宅でも一人でも生活ができる環境を作り、
冬馬自身が、自立した生活を送れる準備をしないといけません。

お母さん、やっぱりがんばる~!(^^V

A君との出会いを思い出し、またがんばろう!って思えました。
A君ありがとう!またどこかで会えるかな~(^^)















スポンサーサイト



ちょっと落ち着きました(^^)

2013.09.11.23:19

新学期が始まり、かなり崩れていた冬馬も学校の先生のご支援のおかげで落ち着いてきました。

今日は冬馬学校の先生との面談でした。
主に担当をしてくださる女性の先生、プロ意識がとても高く。きちんとした勉強と経験をお持ちで。
冬馬と私や家族の思いをとってもとっても大事にしてくれる先生なんです。
思春期だし、小学部6年という時期に ほんとうに素敵な先生にお会いし、
冬馬も私も恵まれているな、と感じています。めちゃくちゃ今年は感じます(T○T)

毎日送り迎えや、PTA会長なので(今年度・来年度)学校には ほぼ毎日通っていて。
先生方との交流は密にとれているし、連絡帳でいろんな情報交換をさせてもらっています。

そんな事もあり、担任先生はこの頃の冬馬の表れと、私の事を心配して
言葉かけや支援の工夫を特に集中してくださってたんです。

で、今日の面談のとき。
今日は学校の授業中に冬馬の苦手な防災訓練があったのですが。
先生が支援のひとつで、「ソーシャルストーリー」を作ってくれていて。
(以前からいろんな場面でやってくれていたのです)
そのご支援のおかげで、冬馬は怒ることもなく防災訓練に参加できたのだと!!!!!

そのお話を聞いていると涙が出そうでこらえていたのですが、
先生のほうが ぽろっと涙を流してくれて。

「ほんとうに冬馬君はがんばってくれて。嬉しかった、ほんとに嬉しかったんです!
 すばらしかったですよ~!」と。

冬馬をほめてくれる担任先生と、副担任先生(若い男性)。←副担任先生もすっごい いい先生なんです。

もう、なんだろう。
心からの感謝ってこういうことなのかなって感じて帰宅しました。

冬馬は、苦手な防災訓練をやりきれた自信がついたのかも、今日の表情を見たらそう感じました。

先生が面談の中で「これからも冬馬くんの気持ちに寄り添い、学校生活を送れるように対応をしていきます。
中学部にひきつげるように」とのおはなしもいただきました。

ああ。将来も考えての支援をしていただけること。
中高も一緒の敷地内だからこそ。
ありがたいです。

今日はPTAや活動の育成会のお仕事も難なく終わり、気持よく音楽を聞きながらこれを書いています。
今夜は幸せです♪






携帯から投稿者

2013.09.02.22:08

よっしゃ!携帯から記事が書けるようにしました(*^^*)

今日から長男 冬馬は新学期。
学校がすごーく苦手なので、今夜は久々の大きいパニックに。
身体も大きいし、声も太くなってきたのでかなり怖かった。
親が怖かったらいけないんでしゃうが。(ToT)

心臓がバクバクしてしまい、止まるんじゃないかって状態でした。

こういう日は、どうしたらいいのかわからなくなり
「誰か、助けてー!!!」と、叫びたくなります。
でも誰も助けに来てくれないし、ひたすら冬馬の怒りが治まるまで待ちます。

また明日もこんな感じになるのかな?

とにかく学校の先生には状況を連絡帳で書いて。
明日、お話しをして対応を一緒に考えてもらうしかないな。

久しぶりの記事なのに、こんな話題ですみません。
また楽しい記事が書けるように、今は頑張り時です(ToT)

久しぶりの記事

2013.09.02.20:22

大変お久しぶりです!
先月にパソコンがおかしくなってしまいずっと直している状態です。
あと、このごろはFBにばかり記事を載せていました。

今日、以前仕事でお世話になった先輩のお店に行ってきました!
そこで、先輩から「ブログぜんぜん更新してないから様子がわからなかったよ~!」
と言っていただき、また記事をなるべく書こうって思いました。
ありがとうございます!!

パソコンからだけじゃなくて、携帯からもアップ出来るようにしようっと!(^^)

では。また後日。。。
プロフィール

muddy

Author:muddy
主人:ピエール42歳
長男:冬馬(とうま)11歳
次男:夏猿(なつき)8歳
管理人:muddy(マディー)
42歳。主婦

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク