スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は年度最後の日ですね。

2013.03.31.22:24

今日は、3月31日。
いろんな事を整理できる日でした。

午後に、ある粘土教室に参加しました。はーとぴあ清水にて。
残念ながら、冬馬はパニックになってしまい(予想していたこと)参加できませんでした。
が、粘土教室の先生方のいろんなお話をお聞きし、
「ああ、こういう視点で感じて、企画をしてくださっているんだ」と、感じました。
引き続き、お付き合いをお願いしたいなって思っています。

その教室の後は、はーとぴあ清水から自宅まで、参加をがんばった次男と二人で
歩いて帰宅しました。
いろんな話をしながら

帰宅してすぐ、子供たちを旦那ピエールにお願いし、
一人で買い物へ行きました。
新学期の為の買い物や夕飯の材料を買いにエスポットへ。

店内で、男の子のうわ~!って声が聞こえてきました。

あ、この感じ。パニックになっている子供の声。
たぶん。。。 あ、やっぱりそうかな、と感じ。

たぶんうちの冬馬と同じ、知的を伴う自閉症の男の子。
お父さんが男の子に腕を引っ張られ、お子さんが声を出していて。
その後 目にしたのが、お母さんらしき方が声の方へ急いでいて
その後を妹ちゃんが戸惑った顔でお母さんについていて。

ああ、うちと同じだ。

私は声をかけたくなる気持ちを我慢し、もし、駐車場で会ったらなって思いもあったけど。
あえて、何も言わず見守りました。

ご家族での対応の仕方もあると思うので。


帰宅後、旦那にこの話をしました。
「ああ、声をかけたくなる気持ちはわかる」と言っていました。

うちの冬馬も午前中にパニックになり、ピエールが対応してくれたので。


自閉症のお子さんを持つ家族って、みんなこのパニックに追われてしまいます。
パニックを恨む事も多々あります。

パニックの原因を取り除けばいい、対応を先に準備すればいいってよく言われます。
でも、、
本人がパニックになる原因は、準備だけでは対応しきれない事も多々あるんです。
突然のフラッシュバックもあるし、
その場の雰囲気に、感覚過敏の為に本人が苦しんで叫ぶ声なんです。

家族としては、兄弟妹姉(きょうだい児)の事も大事で、
家族で出かけてみようよ!って
休みの度に、挑戦をしてみる事は多々あります。

「ここの場所なら、〇〇は大丈夫かも。苦手なものは避けて行けそう。
じゃあ、行ってみようよ、行ってみようか?」と、出かける事を試みるんです。

で、結果、本人がにこにこ(^^)で過ごせるか? パニックになるか?
毎回、博打のようなものなんです。

親御さんがそんな危ない橋を渡っている時期なんだろうなって、
今日お見かけしたご家族に感じ、以前の私たち家族の事を思い出しました。

ちなみにうちは、休日の家族でのお出かけは全然出来ません!
自慢じゃないけど(^^;
まあ、それなりにやっていけばいいんです。
それぞれの家族の形や事情がありますからね(^^)

一応、今日の話、第1部終わり。

続いて、この次の記事に 第2部を書いてみます。


スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

muddy

Author:muddy
主人:ピエール42歳
長男:冬馬(とうま)11歳
次男:夏猿(なつき)8歳
管理人:muddy(マディー)
42歳。主婦

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。